イベントEvent

ワークショップ・鑑賞会Education Programs

こども・ファミリープログラム

イベントイメージ
ワークショップ

うるしの世界をのぞいてみよう!
~漆のお話と蒔絵スプーンつくり~

漆はウルシノキからとれる樹液です。漆は固まるととても硬くなり、美しい光沢がでることから様々な美術品に用いられてきました。その漆で絵を描き、金粉や銀粉を蒔きつけて文様をあらわす「蒔絵(まきえ)」は、1000年以上前に生まれたといわれ、日本の文化において長きにわたり美しさの象徴となっています。
ワークショップでは目白漆芸文化財研究所の室瀬智弥氏を講師にお迎えし、漆、蒔絵についてお話いただき、参加者の皆さんに蒔絵スプーンつくりを体験していただきます。

日時

予告2022/10/29(土) ①10:30~12:30

予告2022/10/29(土) ②14:00~16:00

※内容は同じです。

会場

三井記念美術館 レクチャールーム

講師

室瀬 智弥
室瀬 智弥
[日本工芸会 正会員 目白漆芸文化財研究所 代表取締役]

対象

小学3年生~中学生とその保護者に当たる大人の方

定員

各回5組10名(1組2名)

参加費

1組2300円(観覧券付き)

申し込み方法【事前申込み制、応募者多数の場合は抽選】応募〆切 2022/10/16(日)
A. 直接申し込み

美術館受付(チケットカウンター)にて、必要事項をご記入のうえお申し込みください。
①希望時間 ②氏名・よみがな ③学年 ④保護者の方の氏名・よみがな ⑤ご連絡先(住所・電話番号・E-mail)

B. Webでの申し込み

下のボタンからお申し込みフォームページへ移動し、お申し込みください。

【お申込にあたってのご注意】
※必ずお読みください

お申し込みはこちら

新型コロナウイルス感染症対策について

三井記念美術館は、新型コロナウイルス感染症対策を行っています。
必ず下記の対策および参加されるお客さまへのお願いをご確認の上、お申し込みくださいますようお願い申し上げます。
※新型コロナウイルス感染症の感染状況により、中止または内容を変更する等して開催する場合がございます。最新情報は当館ホームページよりご確認ください。

topに戻る