展覧会情報開催中の展覧会次回の展覧会展覧会のスケジュール過去の展覧会一覧

美術館概要

コレクション

展覧会情報開催中の展覧会次回の展覧会展覧会のスケジュール過去の展覧会一覧

教育普及

刊行書籍

イベント情報土曜講座ワークショップ・鑑賞会

館内のご案内フロアマップミュージアムショップミュージアムカフェ

ご利用案内開館時間・入館料・休館日アクセスマップ

展覧会情報

次回の展覧会

三井家のおひなさま

毎年恒例となりました、日本橋に春の訪れを告げる「三井家のおひなさま」展。三井家の夫人や娘たちがこよなく愛した、ひな人形・ひな道具の華麗なる競演をお楽しみください。

概要

日本橋に春の訪れを告げる「三井家のおひなさま」展。今年も三井家の夫人や娘が大切にしてきたひな人形やひな道具を、一堂に公開いたします。

北三井家十代・高棟夫人の苞子(もとこ)(1869 〜 1946)、十一代・高公夫人のI子(としこ)(1901〜 1976)、高公の一人娘・浅野久子氏(1933 年生まれ)、伊皿子三井家九代高長(たかひさ)夫人・興子(おきこ)(1900 〜 1980)旧蔵の贅をつくした逸品が並びます。とくに京都の丸平大木人形店・五世大木平藏が特別に制作した、浅野久子氏の幅3メートル、高さ5段の豪華なひな段飾りは必見です。

また展示室7では「三井家の薩摩焼」と題して、色絵薩摩の調度品や食器を紹介いたします。

展示室1・2・3では館蔵品による茶道具の名品、展示室6では「三井好 都のにしき」(水野年方筆)を展示します。

◆巴(ともえ)印のひな人形・ひな道具 (三井苞子(もとこ)<北三井家十代・高棟(たかみね)夫人>旧蔵品)

三井苞子
<北三井家十代・高棟夫人>
1869-1946

北三井家十代・三井高棟(たかみね)夫人の苞子(もとこ)(1869〜1946)の旧蔵品であるおひなさまは、実家の旧富山藩主前田家から伝わったもの、結婚後(明治25年)三井家で新たに作られたもの、江戸時代から三井家に伝来したものなどがあり、さまざまな年代や種類のひな人形、ひな道具を含んでいます。苞子(もとこ)は、三井家夫人を代表する立場として多忙な日々を綴った日記や当時の財閥当主夫人の生活を記録する貴重な資料も残しています。

■「内裏雛」 三世大木平藏(1834-1895)製 明治28年(1895)

■「享保雛」 江戸時代・19世紀


■「有職雛」 江戸時代・19世紀


■「立雛」 江戸時代・文化12年(1815)


  • 内裏雛は雲上人の姿になぞらえた男女一対の雛人形。
  • 享保雛は江戸時代中期、享保年間(1716〜1736)頃を中心に流行した。面長で能面のような顔立ちと金襴や錦など上質な織物製の装束をつけ、男雛の袖が左右に跳ね上がっているのが特徴。比較的大型のものが多い。
  • 有職雛(ゆうそくびな)は、公家の装束を有職故実にもとづき、正しく考証して作られた雛人形。
  • 江戸後期・文化年間の紙製立雛で、愛らしい丸顔に、松に藤、撫子を岩絵具で描いた小袖、菊と亀甲紋を金泥で表した袴など美しく豪華な装飾の雛。

◆小蝶(こちょう)印のひな人形・ひな道具 (三井I子(としこ)<北三井家十一代・高公(たかきみ)夫人>旧蔵品)

三井I子
〈北三井家十一代・高公夫人〉
1901-1976

北三井家十一代・三井高公(たかきみ)夫人のI子(としこ)(1901〜1976)は、大正9年(1920)に高公と結婚。翌年の3月には、実家の旧福井藩主・松平家より嫁入り道具として持参した雛の目録が作られています。I子(としこ)のひな人形は日本橋十軒店の名工・二代永樞V製のものが中心となっており、初節句、または嫁入りの際にあつらえられました。I子(としこ)は、手先が器用で、剪綵(せんさい)(北三井家八代・高福が考案した裂地を使った貼り絵の一種)を復活させ、三井家の婦人たちの中心となり作品を残しています。


■「次郎左衛門雛」 二代永樞V製 明治〜大正時代・20世紀


■「内裏雛」 二代永樞V製 明治〜大正時代・20世紀


■「犬筥」 明治〜大正時代・20世紀


■「化粧道具」 明治〜大正時代・20世紀


  • 東京日本橋に店を構えた人形師二代永樞Vの作。永樞Vは、明治から昭和戦後にかけて四代続いた名店であった。
  • 次郎左衛門雛は、丸顔に引目鉤鼻の面立ちが特徴。京の人形師で幕府御用も勤めた、雛屋次郎左衛門が創始した人形と伝えられる。
  • ひな道具に牡丹唐草蒔絵の装飾が施されておりいずれも精巧な作り。
  • 雌雄を一対としてこどもの枕元に飾られる犬筥(いぬばこ)は、幼児の無事息災を祈るという意味をもち、内部に守り札などを納める。

◆永(えい)印のひな人形・ひな道具 (浅野久子(ひさこ)氏<北三井家十一代・高公(たかきみ)長女>寄贈品)

浅野久子(ひさこ)氏は、北三井家十一代・三井高公(たかきみ)の一人娘として昭和8年に誕生しました。翌9年の初節句に際し、「丸平(まるへい)」で知られる京都の丸平大木人形店・五世大木平藏(1885〜1941)に注文してあつらえたひな人形、ひな道具を、近年まで浅野家でおこなわれていた段飾りで再現して展示します。


■「内裏雛(女雛)」 五世大木平藏製 昭和9年(1934)※同右上


■「内裏雛」 五世大木平藏製 昭和9年(1934)


■「五人官女」 五世大木平藏製 昭和9年(1934)


■「紫宸殿雛人形」 五世大木平藏製 昭和9年(1934)


■「箪笥・挟箱・長持」 五世大木平藏製 昭和9年(1934)


  • 天息の御所である紫宸殿になぞられた御殿付きの雛人形。江戸時代終わりから昭和20年頃にかけて、西日本を中心に流行した。
  • 段飾りが始まったのは18世紀半ば頃といわれ、4〜5段に増えたのは安永年間(1772〜1781)頃とされる。祝い事は奇数という習慣から5段や7段になり、ひな祭りが盛んになるにつれて飾り人形の種類も増えた。
  • 男雛と女雛の並べ方には諸説あるが、三井家では近代以降に東京で定着した男雛が向かって左側、女雛が右側に座る並べ方をしている。

◆珠(たま)印のひな人形・ひな道具 (三井興子(おきこ) <伊皿子三井家九代・高長(たかひさ)夫人>旧蔵品)

三井興子
<伊皿子三井家九代・高長夫人>
1900-1980

伊皿子三井家は、家祖・三井高利の次男高富(たかとみ)(1654〜1709)を初代とする家で、現当主の長生氏で十代を数えます。三井家は、江戸中期より六本家と五連家を合わせた十一家が固定されていますが、伊皿子家は六本家の一家です。

三井興子(1900〜1980)は、北三井家十代・高棟と苞子の三女として、明治33年(1900)1月28日に誕生。大正8年(1919)に伊皿子家九代・高長(1895〜1959)と結婚しました。手先が器用であった興子は、鎌倉彫、刺繍、染物などを得意とし、北家のI子らと共に剪綵の技術の研鑽を積み、昭和11年常盤会への皇后行啓に際しては、その実演をおこないました。

■「内裏雛」 四世大木平藏製 明治33年(1900)
■「子供人形 ことろ遊び」 明治時代・20世紀
■「銀製雛道具」 江戸〜明治時代・19世紀

  • 「ことろ遊び」とは、ひとりが鬼、ひとりが親、他はすべて子供の役になり、鬼が子供を捕まえるのを防ぐ子供の遊び。
  • 極小サイズの銀製雛道具。このような銀製雛道具は、江戸時代後期に上流階級で流行したものといわれるが、従来類例が少なく、これまでに公家の近衛家、大名の鍋島家、和菓子屋の虎屋の所蔵品が知られている。

「三井好 都のにしき」 水野年方筆 明治時代・20世紀 【展示室6】

■「土用干」

■「尽きぬ名残」

四季の女性のファッションを主題とした12枚と目録の計13枚からなる木版画の揃物。三越呉服店の前身である三井呉服店の明治37年頃の新作カタログを兼ねる本作は、肉筆画と見まごうような精緻で多彩な摺りの技巧を凝らした美しい版画です。

水野年方(1866〜1908)は浮世絵師の月岡芳年に師事し、『やまと新聞』の挿絵を師とともに担当するなど、挿絵画家として高い名声を得ていました。

特集展示 「三井家の薩摩焼」 【展示室7】

薩摩焼は文禄・慶長の役の後、朝鮮半島の工人たちによって始まり、桃山時代末期から江戸時代前期にかけて鹿児島県下に広がりました。それらの窯では黒釉を主とする日常品や茶陶類が焼かれましたが、江戸時代中頃には白胎に透明釉が掛けられた白い薩摩も誕生しています。さらに江戸時代末期には白薩摩に色絵や金彩を施した美しい色絵陶器が焼かれるようになり、1867年のパリ万国博覧会以後、各地の万国博覧会への出品に因って薩摩焼の名は世界に広がり、各国に輸出されます。また一方内需に応えた製品も多く焼かれていますが、この度は明治・大正頃に三井家が入手し、あるいは三井家から注文した色絵薩摩を紹介いたします。


■「色絵藤花文象耳花瓶」 近代


■「色絵花鳥文茶碗」 近代


■「色絵手付香炉」 沈壽官造 近代


■「色絵布袋置物」 近代


■「金彩二輪菊向付」 沈壽官造 近代


■「色絵鶴向付」 沈壽官造 近代


主催

三井記念美術館

東京駅周辺美術館特別企画

昨年の好評にお応えし、出光美術館、三井記念美術館、三菱一号館美術館東京ステーションギャラリーの東京駅周辺の4美術館では、3月15日(火)から3月31日(木)の期間、学生の方を対象に、無料で美術館に入館できる「学生無料ウィーク」を開催することになりました。「学生無料ウィーク」期間中は、東京駅周辺の4美術館の各館開館日であれば、学生の方はいつでも無料でご入館いただけます。
日本美術から西洋美術まで、若い世代の方に、本物のアートに触れていただくための春休み特別企画です。この機会を利用して、より多くの学生の方にご参加いただければ幸いです。

■期間

2016年3月15日(火)〜3月31日(木) 各館開館日
※休館日、展示替え休館期間は除きます。

■対象

学生
※各館で「学生」割引の対象としている方。美術館によって「学生」の定義は異なります。
※詳しくはそれぞれの館にお問い合わせください。

■三井記念美術館での対象

対象期間中に高校・大学・大学院に在学中の方
受付にて以下のいずれかの証明書等をご提示ください。
・高校、大学、大学院の「学生証」
・「通学定期」もしくは「学内図書カード」
・各種専門学校などは通学定期が発行できる「学生証」
※科目等履修生や予備校生は対象外となります。

◎3月で学校を卒業し、学生証を返却された方は4月からの進学先の合格証を受付へご提示ください。学生無料ウィークの対象となります。
尚、4月から社会人の方は対象外となります。

■参加館および期間中の展覧会
出光美術館
・・・・生誕290年記念 勝川春章と肉筆美人画 ー<みやび>の女性像」(会期:2/20〜3/27)
三井記念美術館
・・・・「三井家のおひなさま 特集展示 三井家の薩摩焼」(会期:2/6〜4/3)
三菱一号館美術館
・・・・「PARIS オートクチュール」(会期:3/4〜5/22)
東京ステーションギャラリー
・・・・「ジョルジョ・モランディ 終わりなき変奏」(会期:2/20〜4/10)

*昨年学生無料ウィークを開催したブリヂストン美術館はビルの建て替えに伴う新築工事のため、長期休館中です。

次回の展覧会のご利用案内

ご利用案内

Copyright © 2005-2016 Mitsui Memorial Museum All Rights Reserved.