展覧会情報開催中の展覧会次回の展覧会展覧会のスケジュール過去の展覧会一覧

美術館概要

コレクション

展覧会情報開催中の展覧会次回の展覧会展覧会のスケジュール過去の展覧会一覧

教育普及

刊行書籍

イベント情報土曜講座ワークショップ・鑑賞会

館内のご案内フロアマップミュージアムショップミュージアムカフェ

ご利用案内開館時間・入館料・休館日アクセスマップ

展覧会情報

開催中の展覧会

特別展 茶の湯の名碗「高麗茶碗」

高麗茶碗は本来朝鮮半島の日常的な器として焼かれた碗ですが、日本で侘茶に適った茶碗として見出され、賞翫されます。作行きは焼かれた時期や地域によって異なりますが、一碗ごとの違いが茶碗の個性として受けとめられ、桃山時代天正年間以後、大いに流行します。また江戸時代には日本向けに新しい高麗茶碗が焼かれています。本展では高麗茶碗の全体像とそれぞれの魅力を紹介します。

展覧会の趣旨

茶の湯の茶碗は、産地によって唐物茶碗、高麗茶碗、和物茶碗などと呼び分けられています。唐物茶碗は中国、高麗茶碗は朝鮮半島、和物茶碗は日本で焼かれた茶碗です。日本に中国から喫茶法が伝わって以来、喫茶の茶碗は長く唐物に頼っていましたが、室町時代末期、日本独特な侘びの茶風が広がるとともに新しく見いだされたのが高麗茶碗です。高麗茶碗という名称が記録に初見されるのは、天文6年(1537)のことですが、わずか50年の後、侘茶が大成された天正年間(1573〜1591)には、唐物茶碗に替わって高麗茶碗が大いに流行し、和物茶碗とともに茶の湯の茶碗の主流となります。

高麗茶碗と呼ばれてはいますが、この種の茶碗が焼かれたのは高麗時代ではなく、朝鮮時代です。今日に伝わる高麗茶碗の数は和物茶碗におとらず、また作行きも多様です。そうした高麗茶碗を三種類に大別すると、時代を追って次のようになります。

1. 朝鮮半島各地の窯で日常品として焼かれた器が茶の湯のために見立てられた茶碗。多くは16世紀に焼かれた茶碗類です。

2. 16世紀末から17世紀初め頃、日本向けに焼かれたと思われる茶の湯の茶碗。

3. 17世紀から18世紀中頃まで、対馬藩の贈答品として釜山の倭館内で焼かれたもの。「御本」の名称で親しまれています。

高麗茶碗は時代によって、あるいは焼かれた経緯によって作行きは多様ですが、一貫して和物茶碗とは異なる特質をそなえています。素朴さと大らかさです。次頁に各種の特質を少し詳しく紹介いたします。この特別展を介して高麗茶碗ならではの魅力をお楽しみいただけたらと思います。(なお展示期間が制限されている作品が多く、会期中に展示替えをいたします。)

作品画像
大井戸茶碗 上林井戸
16世紀 三井記念美術館蔵

作品画像
彫三島茶碗
16〜17世紀 三井記念美術館蔵

作品画像
御本蕨文茶碗
17世紀 個人蔵

主な展示作品

1.茶の湯が見立てた高麗茶碗

侘茶が大成されたのは桃山時代、天正年間とされていますが、その萌しは16世紀初頭には見られます。市中でありながら山居のごとき家屋で茶の湯を行った記録があります。室内には日常の器から見立てられた茶具が調えられていたようで、高麗茶碗も見立てられた茶碗です。伝世する高麗茶碗は作行きによって細かく呼び分けられていますが、名称の多くは江戸時代に整理され、江戸時代末期に完成して今日に至っています。見立てられた高麗茶碗に限っても16種ほどに分けられています。一般によく知られる種類名称をあげると三島(みしま)、刷毛目(はけめ)、粉引(こひき)、井戸(いど)、蕎麦(そば)、斗々屋(ととや)、熊川(こもがい)、割高台(わりこうだい)などですが、さらに井戸茶碗を大井戸(おおいど)、青井戸(あおいど)、小井戸(こいど)、小貫入(こかんにゅう)というように作行きの違いによって細かく呼び分けられています。

この種の高麗茶碗の魅力は、同じ種類であっても一碗ごとに作行きが微妙に異なり、その違いが見どころとなります。轆轤目の様子、見込中央に生じた小さな窪み、釉調や釉色も一碗ごとに異なるなど、作行きの違いが茶碗の表情であり、一碗ごとの個性とされます。

作品画像
三島茶碗 二徳三島
16世紀 三井記念美術館蔵

作品画像
【重要文化財】粉引茶碗 三好粉引
16世紀 三井記念美術館蔵

作品画像
大井戸茶碗 武野井戸 銘蓬莱
16世紀 藤田美術館蔵

作品画像
蕎麦茶碗 銘花曇
16世紀 個人蔵

作品画像
斗々屋茶碗 銘綵雲
16世紀 藤田美術館蔵

作品画像
紅葉呉器茶碗 銘菊月
16世紀 個人蔵

2. 日本向けに焼かれた茶の湯の茶碗

桃山時代、文禄年間(1592〜1595)の頃から茶の湯に変化が見られます。たとえるならば「静」から「動」への変化です。慶長年間(1596〜1614)には日本各地の窯で茶陶が大量に焼かれるようになり、造形性豊かな和物茶陶、たとえば備前や美濃で焼かれた水指や花入、茶碗などが流行します。こうした時期に新しく請来した高麗茶碗があります。御所丸(ごしょまる)や彫三島(ほりみしま)、伊羅保(いらぼ)、金海(きんかい)などですが、見立てられた高麗茶碗とは趣が明らかに異なり、朝鮮陶磁の伝統には見られない器形、あるいは装飾法が駆使されています。現在のところ、この種の茶碗が造られた確かな経緯は不明ですが、慶長14年に朝鮮王朝と日本の国交が回復した後、日本から茶碗や鉢など、陶磁器を注文した事例があります。 慶長年間といえば茶の湯がさらに流行した時期であり、また新しい茶具が多く求められた時代です。

作品画像
御所丸茶碗 古田高麗
16〜17世紀 個人蔵

作品画像
御所丸茶碗
16〜17世紀 三井記念美術館蔵

作品画像
伊羅保片身替茶碗 銘両国
16〜17世紀 個人蔵

作品画像
彫三島茶碗
16〜17世紀 個人蔵

3.御本(ごほん)茶碗と半使(はんす)茶碗

高麗茶碗のなかに御本と呼ばれる一群の茶碗があります。古作の高麗茶碗に比べると軽妙な趣のものが多く、また作行きも多様です。昭和50年代まで御本の実態は不明でしたが、対馬藩の注文帖(控え)ともいえる古文書が発見されたことによって、御本が焼かれた様子が明らかとなり、また作品も見直されるようになりました。対馬藩は長く朝鮮王朝との窓口でありましたが、徳川幕府体制下においても朝鮮王朝との外交を担い、釜山の倭館(わかん)運営に当たっています。御本は、対馬藩の贈答品として倭館内の窯で造られたやきもので、焼造期間は寛永16年(1639)から享保3年(1718)の間、およそ70年間に及びます。対馬藩は幕府にかかわる有力者などから注文を受け、国元の藩士を倭館に送り、朝鮮王朝の役所を通して陶土や薪などを買い、さらに釜山近辺の陶工を倭館内に招いて作陶を行っています。焼きあがった作品は注文主に贈られます。御本茶碗の基本は古作の高麗茶碗を倣うことにあったのでしょうが、次第に和様化して古作の高麗茶碗とはかけ離れた独特な作品に変化して行きます。

ところで御本茶碗との判別が難しい半使と呼ばれる一群の茶碗があります。半使茶碗は朝鮮通信使の通訳たちが、来日に際して対馬に持ち渡り、対馬藩に売った茶碗です。釜山近郊の陶工に造らせているところから作行きは御本茶碗に近似しており、現代では判別のつかないものも多く伝わっています。しかしながら明らかに半使茶碗とみなされるものには、作行きに伸びやかさがそなわっており、高麗茶碗の本質が垣間見れるように思われます。

作品画像
御本立鶴茶碗
17世紀 個人蔵

作品画像
玄悦茶碗
17世紀 個人蔵

作品画像
絵半使割高台茶碗
16〜17世紀 藤田美術館蔵

主催

三井記念美術館、朝日新聞社

三館合同キャンペーン 秋の三館 美をめぐる2019

今秋も三井記念美術館、五島美術館、根津美術館では三館合同キャンペーンを行います。
詳しくはこちら

相互割引企画

三井記念美術館・サントリー美術館相互割引企画

三井記念美術館 「特別展 茶の湯の名碗「高麗茶碗」」と
サントリー美術館 「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部 −美濃の茶陶」では、展覧会相互割引を実施します。

実施期間
三井記念美術館

9月14日(土)〜12月1日(日)

特別展
茶の湯の名碗「高麗茶碗」

サントリー美術館

9月4日(水)〜11月10日(日)

サントリー芸術財団50周年
黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部 −美濃の茶陶

※展覧会の詳細については
サントリー美術館ホームページをご確認ください。

割引概要
三井記念美術館

サントリー美術館「黄瀬戸・瀬戸黒・志野・織部 −美濃の茶陶」展の
半券またはサントリー美術館メンバーズクラブ会員証のご提示で、
下記料金にてご入館いただけます。

割引価格

サントリー美術館

三井記念美術館「特別展 茶の湯の名碗「高麗茶碗」」展の
半券または来館記念券、2019ミュージアムパスポートのご提示で、
下記料金にてご入館いただけます。

割引価格

※半券1枚につき1名様のみ有効です。

EDO TOKYO NIPPON アートフェス2019

東京駅周辺の私立5美術館(アーティゾン美術館、出光美術館、三井記念美術館、三菱一号館美術館、東京ステーションギャラリー)は
近隣エリアでの相互連携の一環として、2019年9月21日(土)〜23日(月・祝)の3日間、本年で4回目となるアートフェスを開催します。
詳しくはこちら

※終了いたしました。

ECO EDO 日本橋2019

「ECO EDO 日本橋2019・ゆかた・アートアクアリウム特典」のご案内

入場料割引

三井記念美術館は、「ECO EDO 日本橋2019」の協力店舗として「高麗茶碗」展開催中(9月14日〜12月1日)、和服・ゆかた着用の方、またはアートアクアリウム2019の入場券(半券)ご提示の方は、左記料金に入館料を割引いたします。
※他の割引との併用不可

ECO EDO 日本橋2019
アートアクアリウム2019

開催中の展覧会のご利用案内

ご利用案内

Copyright © 2005-2019 Mitsui Memorial Museum All Rights Reserved.