展覧会情報開催中の展覧会次回の展覧会展覧会のスケジュール過去の展覧会一覧

美術館概要

コレクション

展覧会情報開催中の展覧会次回の展覧会展覧会のスケジュール過去の展覧会一覧

館内のご案内フロアマップミュージアムショップミュージアムカフェ

ご利用案内開館時間・入館料・休館日アクセスマップ

イベント情報土曜講座ワークショップ・鑑賞会

展覧会情報

開催中の展覧会

能面と能装束 ―みる・しる・くらべる―

日本の伝統芸能である能。一見難しそうな能の世界ですが、当館所蔵の能面と能装束を、かたちや文様など多彩な角度からご紹介しながら、やさしく紐解いていきます。みて、しって、くらべて…、日本の美意識が集約した、魅力あふれる能面と能装束の数々をお楽しみください。
また展示室7では、三越伊勢丹所蔵歌舞伎衣裳の特別展示を予定しています。

概要

三井記念美術館では、主に夏の恒例企画として「美術の遊びとこころ」シリーズを開催しております。今回はその第7回目として『能面と能装束―みる・しる・くらべる―』を開催いたします。日本の伝統芸能である能ですが、 多くの日本人にとっては、一見難解なものと思われる傾向にあります。そこで、今回の展覧会では、当館所蔵の能面と能装束を、かたちや文様など多彩な角度から捉えることによって、日本の美意識が集約した能の世界をより分かりやすく紹介いたします。

さらに展示室7では、特別展示として『三越伊勢丹所蔵 歌舞伎衣裳「名優たちの名舞台」』を開催いたします。人気歌舞伎役者が実際に身に付けた、絢爛豪華な由緒衣裳や役者の舞台写真パネルなどをご覧いただきます。

能面(展示室1・2・5)

展示室1・2・5では、当館が所蔵する能面(旧金剛宗家(こんごうそうけ)伝来能面、橋岡一路(はしおかかずみち)氏寄贈能面)を展示いたします。

能面は能で使われる仮面です。能の世界では「面(おもて)」と呼ばれ、大切に伝えられてきました。よく「能面のような表情」という言葉を耳にしますが、能面と聞いて多くの人がイメージするものと言えば、無表情な女性の面ではないでしょうか。しかし、能面は細かく分けると200種類を超えるバリエーションがあるのです。さらに能面は、見る角度によって実に様々な表情を見せてくれます。

展示室1では、能面を大きく5つの種類(翁(おきな)面・尉(じょう)面・鬼神(きしん)面・男面・女面)に分けて展示し、能面のバラエティーの豊かさ、造形の美しさや面白さをご紹介いたします。さらに、一部の能面につきましては、その裏側もご覧いただける展示を予定しています。能面の裏側からは、作者や制作時代など沢山の情報を知ることができます。普段はご覧いただくことができない能面の裏の世界へ、皆様をご案内いたします。

展示作品画像


展示室5では、様々な能面を見くらべ、その違いから分かる能面の奥深い特質に迫ります。例えば、「大飛出(おおとびで)」「小飛出(ことびで)」など似たような名前を持つ能面、尉面や女面など一見同じ形に見える能面。それらに示された表現の違いによって、演じられる役柄が異なります。

目と口をくらべる
展示作品画像
髭と歯をくらべる
展示作品画像
髪と表情をくらべる
展示作品画像

能装束(展示室4)

展示室4では、当館が所蔵する三井家伝来の能装束(のうしょうぞく)を、能装束に表された「文様(もんよう)」に焦点を当てて展示いたします。

能装束は、いわば能の舞台衣裳です。能は「幽玄(ゆうげん)」という言葉が象徴する通り、非常に厳かな趣ある伝統文化で、使用される舞台装置や小道具などは最小限にとどめられ、一切の無駄がありません。その一方、着用される能装束はとても華やかで、織・箔・刺繍によって、動物・植物・器物・水など多種多様の文様が表されています。能装束は、役柄に応じて着方や組み合わせがある程度決まっていますが、能装束の文様も役柄の性格を表す要素の一つとなっています。

展示作品画像

特別展示 三越伊勢丹所蔵 歌舞伎衣裳「名優たちの名舞台」(展示室7)

かつて三越(現三越伊勢丹)は、明治40年(1907)に衣裳部を設置し、貸衣裳業を営んでいました。今回は現在三越伊勢丹が所蔵する数多くの歌舞伎衣裳の中から、人気歌舞伎役者が実際に着用した「由緒衣裳(ゆいしょいしょう)」13点を一堂に展示いたします。また、着用歌舞伎役者の舞台写真パネルも展示予定です。まさに「名優たちの名舞台」のタイトルにふさわしい絢爛豪華な競演をご堪能ください。

【展示歌舞伎衣裳 着用役者一覧】順不同
九代目市川團十郎(いちかわだんじゅうろう)、五代目中村歌右衛門(なかむらうたえもん)、七代目松本幸四郎(まつもとこうしろう)、
六代目尾上菊五郎(おのえきくごろう)、六代目尾上梅幸(おのえばいこう)、初代中村吉右衛門(なかむらきちえもん)

展示作品画像

主催

三井記念美術館

協力

株式会社三越伊勢丹、松竹株式会社

開催中の展覧会のご利用案内


「ECO EDO 日本橋2014・ゆかた・アートアクアリウム特典」のご案内

入場料割引+うれしい特典

三井記念美術館は、「ECO EDO 日本橋2014」の協力店舗として「能面と能装束」展開催中(7月24日〜9月21日まで)、和服・ゆかた着用の方、またはアートアクアリウム2014の入場券(半券)をご提示の方の入館料を、一般1000円→800円、大学・高校生500円→400円に割引いたします。

さらに、美術館内のショップやカフェで嬉しい特典が受けられるサービス券もプレゼントします。
ショップ特典:展覧会図録をご購入もしくは3,000円以上お買いものいただいた方に季節のポストカードを1枚プレゼント
カフェ特典:ご飲食代より10%引き(ご本人様のみ)

ECO EDO 日本橋
アートアクアリウム2014

Copyright © 2005-2013 Mitsui Memorial Museum All Rights Reserved.