展覧会情報開催中の展覧会次回の展覧会展覧会のスケジュール過去の展覧会一覧

美術館概要

コレクション

展覧会情報開催中の展覧会次回の展覧会展覧会のスケジュール過去の展覧会一覧

教育普及

刊行書籍

イベント情報土曜講座ワークショップ・鑑賞会

館内のご案内フロアマップミュージアムショップミュージアムカフェ

ご利用案内開館時間・入館料・休館日アクセスマップ

展覧会情報

開催中の展覧会

国宝 雪松図と動物アート

年末年始恒例の館蔵品展。今回は円山応挙筆「国宝 雪松図屏風」を全期間展示します。また、茶道具の名品にあわせて館蔵品の中から、動物をテーマにした絵画や工芸品を展示します。空想の動物「龍」や「獅子」なども含め、馬・猿・鹿・狐・狸・兎・猫・栗鼠など、美術における動物アートをご覧いただきます。


年末年始の展覧会で、恒例となっています「国宝 雪松図屏風」の展示に合わせ、今回は館蔵品のなかから動物をテーマに作品をセレクトいたしました。 動物が描かれた絵画や、動物をかたどった茶道具や工芸品などに焦点を合わせ、日本と東洋の古美術のなかで様々に描かれ造形化された動物アートの一端をお楽しみいただきます。なお、今回、「国宝 雪松図屏風」は全期間展示いたします。また特別出品の「白象黒牛図屏風」は新出・初公開の作品です。

展覧会の主旨

毎年恒例となりましたこの時期の円山応挙筆「国宝 雪松図(ゆきまつず) 屏風」の公開にあわせ、今回は昨年の花鳥展に引き続き、動物に焦点をあわせた展覧会です。館蔵品の中から、動物が描かれた絵画や、動物をかたどった茶道具や工芸品をセレクトして展示いたします。

動物というと哺乳類をイメージしますが、ここでは動物を広くとらえて、想像上の動物である龍や獅子、鳳凰なども含め、哺乳類のほか、鳥類、魚貝類、昆虫なども含めます。鳥類は、正月にふさわしい鶴や鶏などに限定していますが、昨年の花鳥展で取り上げた鳥の特集の続編でもあり、花鳥展をご覧いただいた方々には、この展覧会で当館の動物アートの全貌がご理解いただけます。

日本と東洋の古美術のなかで、身近な動物たちが様々に描かれた絵画、また、機知に富んで愛らしく造形化された茶道具や、超絶技巧の各種工芸品に、伝統的な「動物アート」の一端を、楽しみながらご鑑賞いただきます。

なお、例年通り「国宝 志野茶碗 銘 卯花墻(うのはながき)」も、茶室「如庵」ケースにて展示いたします。

さらに、今回は外部からの特別出品として長沢芦雪筆「白象黒牛図屏風」(新出・初公開)を展示いたします。

主な展示作品

展示室1 茶道具

館蔵の茶道具から、動物が描かれたり、動物をかたどったものを選んで展示いたします。

まず最初に古銅龍耳花入(こどうりゅうみみはないれ)ではじまり、交趾金花鳥香合(こうちきんかちょうこうごう)や交趾黄鹿(きじか)香合、仁清の色絵鶏(いろえにわとり)香合や赤楽白蔵主(あからくはくぞうす)香合(写真1)、彫漆花松虫(ちょうしつはなまつむし)香合(写真2)などの香合各種、十二支を鋳込んだ十二支文腰霰釜(じゅうにしもんこしあられかま)、兎の絵の絵高麗水指(えごうらいみずさし)(写真3)、和全作の可愛らしい陶製象香炉(とうせいぞうこうろ) (写真4)などを展示いたします。

作品画像
赤楽白蔵主香合
江戸時代 北三井家旧蔵
写真1

作品画像
彫漆花松虫香合
明時代 室町三井家旧蔵
写真2

作品画像
絵高麗水指
明時代 室町三井家旧蔵
写真3

作品画像
陶製象香炉・金襴手宝珠形火屋 和全作
明治20年(1887) 北三井家旧蔵
写真4

展示室2 茶道具

ここでは仁清の信楽写兎耳付水指(しがらきうつしうさぎみみつきみずさし)(写真5)を展示いたします。愛らしい兎の耳が見どころです。

作品画像
信楽写兎耳付水指 仁清作
江戸時代・17世紀 北三井家旧蔵
写真5

展示室3 茶室「如庵」 展示ケース

かつて北三井家が所蔵した国宝の茶室「如庵(じょあん)」を再現した展示ケースでは、国宝の志野茶碗(銘卯花墻)(写真6)を展示いたします。

作品画像
国宝 志野茶碗 銘卯花墻
桃山時代・16〜17世紀 室町三井家旧蔵
写真6

展示室4 絵画

最初に昨年の花鳥展に引き続き、沈南蘋(しんなんぴん)の「花鳥動物図」11幅のうち、動物が描かれている6幅を展示いたします。猫(写真7)・栗鼠(りす)・猿と馬・虎・鹿・鶴など、沈南蘋独特のどこか怖い動物たちです。続いて応挙の亀・鶏・雲龍、そして正面のケースに「国宝 雪松図屏風」(写真8)を展示いたします。次に、今回特別に出品いただいた長沢芦雪筆「白象黒牛図屏風」が並びます(写真)。同じ図柄の在外コレクションの屏風が有名ですが、これは新出・初公開の作品です。続いて森狙仙(そせん)の「岩上群猿図(がんじょうぐんえんず)屏風」(写真9)、山口素絢(そけん)(写真10)と岡本豊彦の「雪中松に鹿図屏風」など、何れも円山・四条派の絵師達による作品です。最後は江戸琳派の酒井抱一筆「秋草に兎図襖」です。

花鳥動物図のうち藤花独猫 1幅
清時代・乾隆15年(1750) 北三井家旧蔵
写真7

作品画像

作品画像
国宝 雪松図屏風 6曲1双 円山応挙筆
江戸時代・18世紀 北三井家旧蔵
写真8

作品画像
特別出品 新出・初公開 白象黒牛図屏風 6曲1双 長沢芦雪筆
江戸時代・18世紀

作品画像
岩上群猿図屏風 2曲1隻 森狙仙筆
江戸時代・18〜19世紀 北三井家旧蔵
写真9

作品画像
雪中松に鹿図屏風 2曲1双のうち右隻 山口素絢筆
江戸時代・18〜19世紀 北三井家旧蔵
写真10

展示室5 茶道具と工芸品

展示室5の前半は茶道具、後半は工芸品です。茶道具のなかでも香合には、動物をかたどったものが多く、ここでは主に永楽保全と和全の交趾写しの香合などを展示いたします。獅子(写真11)・龍・牛・亀・蟹などです。茶碗では、蜻蛉(とんぼ)をデザインした安南写しの茶碗、象や兎、魚や鳥などが描かれた食籠(じきろう)(写真12)や鉢、いずれも永楽保全・和全の作です。

工芸品の中では、昆虫自在置物や銀製伊勢海老自在置物、染象牙貝尽(そめぞうげかいづくし)置物(写真13)などは、超絶技巧の工芸品です。これに合わせて、壁面に絵画で、応挙の昆虫・魚写生図や、江戸の玩具を描いた源Kの東都手遊図などが掛かります。

そのほか、雛道具の犬筥(いぬばこ)(写真14)や官女狆(ちん)引き人形、漆工品では、野馬蒔絵の印籠、象彦製の宇治川先陣蒔絵料紙箱(写真15)・硯箱などを展示いたします。また、銀製白鹿置物や、唐三彩の馬などは、これまでほとんど展示することがなかった作品です。

作品画像
交趾写手遊獅子香合 保全作
江戸時代・19世紀 北三井家旧蔵
写真11

作品画像
赤地金襴手象宝相華文食籠 和全作
江戸時代・嘉永6年(1853) 室町三井家旧蔵
写真12

作品画像
染象牙貝尽置物 安藤緑山作
明治〜昭和時代・19〜20世紀 北三井家旧蔵
写真13

作品画像
犬筥 五世大木平藏製
昭和9年(1934) 浅野家旧蔵
写真14

作品画像
宇治川先陣蒔絵料紙箱 象彦製
明治時代 北三井家旧蔵
写真15

展示室6 切手

南三井家10代三井高陽(たかはる)が蒐集した切手コレクションのなかから、手彫切手の龍切手と鳥切手を中心に展示いたします。龍切手は、明治4年に発行された日本最初の手彫切手で、龍がデザインされています。鳥切手(写真16)は、明治8年に発行された手彫切手で、セキレイなど3種の鳥がデザインされています。手彫切手は明治9年までの5年間に作られました。

鳥15銭仮名ロ入
明治8年(1875) 南三井家旧蔵
写真16

作品画像

展示室7 絵巻・仮面・能装束・漆絵額

はじめに十二類合戦絵巻(3巻)(写真17)です。十二支の貴族と、狸とその一味との合戦物語が描かれています。続いて舞楽面の崑崙八仙(ころばせ) (写真18)、狂言面の狐(写真19)に狐狸図、葡萄栗鼠蒔絵(ぶどうりすまきえ)の筒が添う能管、動物や蝶がデザインされた能装束、能面の獅子口・蛇など、伝統芸能関係の作品が並び、さらに寄託品である象彦製の蒔絵額を展示いたします。巨大な額に描かれた鯉の図(写真20)は圧巻です。

最後に、近年新たに寄贈された作品「元祖川柳翁肖像」(1幅)を展示いたします。

作品画像
十二類合戦絵巻 全3巻のうち上巻
江戸時代 北三井家旧蔵
写真17

作品画像
舞楽面 崑崙八仙
平安時代・長久3年(1042) 
室町三井家旧蔵
写真18

作品画像
狂言面 狐
江戸時代 北三井家旧蔵
写真19

作品画像
遊鯉蒔絵額 象彦・戸嶌光孚(とじまこうふ)作
昭和10年(1935) 寄託品
写真20

主催

三井記念美術館

後援

公益社団法人 日本動物園水族館協会、公益財団法人 東京動物園協会

開催中の展覧会のご利用案内

ご利用案内

Copyright © 2005-2018 Mitsui Memorial Museum All Rights Reserved.