美術館概要

美術館概要

コレクション

展覧会情報開催中の展覧会次回の展覧会展覧会のスケジュール過去の展覧会一覧

教育普及

刊行書籍

イベント情報土曜講座ワークショップ・鑑賞会

館内のご案内フロアマップミュージアムショップミュージアムカフェ

ご利用案内開館時間・入館料・休館日アクセスマップ

美術館概要

ごあいさつ

イメージ画像

三井記念美術館は、多数の日本・東洋の優れた美術品を収蔵している三井文庫別館(東京都中野区)が、三井家及び三井グループに縁の深い日本橋に移転して、平成17年10月に開設された新しい美術館です。収蔵されている美術品は、江戸時代以来300年におよぶ三井家の歴史のなかで収集され、今日まで伝えられた、日本でも有数の貴重な文化遺産です。


三井記念美術館が置かれる三井本館の建物は、昭和初期の日本を代表する重厚な洋風建築として、国の重要文化財に指定されており、美術館の入り口は、隣接して建設された超高層の「日本橋三井タワー」のアトリウムに設けられております。そして、この三井本館のある場所は、日本橋という交通至便な大都会東京の中央に位置しております。


このようなことから三井記念美術館は、魅力ある建築と恵まれた都市環境という舞台の上で、所蔵する優れた美術品を展示の主役とする、これまでにない新しいスタイルの美術館として演出されているということができます。

展示室では、三井家にゆかりのある国宝茶室「如庵」の室内を精巧に再現し、茶道具の取り合わせを展示して「用の美」を観せる一方で、洋風の建築空間のなかに日本および東洋の美術品を展示して、伝統的な「造形の美」を再発見するという、文化と美の本質に触れる試みにも挑戦しております。


そして、収蔵品の保存管理、地道な研究活動などの外からは見えにくい活動と、展示や文化活動など社会と接している活動を、バランスよくまたダイナミックに展開して、現代および未来の人々と社会のために、何をどのように貢献することができるかを、常に思考し実践していきたいと考えております。


是非ともご来館下さいますようお待ちしております。


三井記念美術館
館長 清水 眞澄

Copyright © 2005-2016 Mitsui Memorial Museum All Rights Reserved.